カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
参照記事

衆議院議員選挙の日程が流動的です。

都議会議員選挙と同日選挙などというもはややけくそな声まででる始末。

都議会議員選挙の結果いかんでは、麻生さんを退陣させるという声が声高に自民党内に広がっています。

でも私は次の衆議院選挙は麻生首相の元でやるのが、自民党の責任だと思っています。

これは麻生支持でも不支持でもない筋論であります。

なぜかと言いますと、今の自民党の状況は決して彼一人にもたらされたものではないからです。

郵政選挙で大勝した後、阿部内閣が誕生しました。

しかし阿部さんが途中で投げ出し、その後解散もないまま福田内閣を誕生させたのです。

その福田さんも首相の座を投げ出した後、麻生内閣を誕生させたのは自民党議員たちでした。

その都度に多くの自民党議員たちが勝ち馬に乗ってきた結果が今日の自民党であるにすぎません。

今の麻生氏の支持率は自民党全体の責任なのだということを忘れてはならないのです。

泥舟から逃げ出し、自分が当選するならどんな奇策を使う人たちがそう易々と当選するとは思いたくありませんが、どう考えても、自民党は麻生さんをリーダーとして選挙をするのが筋だと思うのです。

この記事をクリップ!

【PR】

格安航空券の当日予約はこちらから

海外ロングステイのことなら「ロングステイ専門店」へ

毎日キャリアバンクの人材紹介サービス「マイコミエージェント」



TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://53panda.web.fc2.com/
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。