カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
こんにちは、池田剛です。

新聞各紙に引き続き、民放各局でも鳩山内閣の支持率が発表された。

いずれの調査でも歴代内閣、2位か3位という高いものだ。

だが、改めて考えてみると、どの調査でも1位になっていないのだ。

308議席という大勝利を得、政権交代を果たした内閣ということを考えると
新聞か放送の1社くらいは1位になってもよさそう思うのだが、1位ではなく、2位か3位
なのである。

鳩山内閣の支持率が3位の場合、細川内閣の発足時が2位であり、
この二つは自民党政権にとってかわったという共通点がある
(ただし細川内閣の時は比較第一党は自民党であったが今回は比較第一党も民主党である)。

では、いずれの調査でも1位の支持率を得たのはいったいなんだったのか?

それは小泉内閣発足時である。

細川内閣や鳩山内閣とは違い、小泉内閣誕生は自民党の所謂(いわゆる)コップの中の嵐での
政権発足である。

それにもかかわらず、国民はダントツの支持を彼の内閣示したのである。

小泉内閣発足時は何が今以上にすごかったのか、あらためて検証しなく
てはならない。



【PR】

永谷園通販

明治乳業ヴァーム特集


TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com

スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。