カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
こんにちは、池田剛です。

今日は2012年のアメリカの大統領選挙の話です。

オバマ大統領の任期が始まってまだ1年もたっていないのに、なんと気が早いと思われるかもしれませんが、アメリカでは共和党の保守派を中心に「反オバマ」攻勢が活発化しています。

2012年の大統領選挙ではオバマ氏の再選を阻み、共和党政権を奪回させようと、かなりのネガティブキャンペーンが繰り広げられています。

オバマ氏の最大の公約の一つだった「ヘルスケア」法案を廃案に追い込むためのキャンペーンはもちろんのこと、先のオリンピック招致では、シカゴがいかにオリンピック開催地のふさわしくないかというキャンペーンも繰り広げ、少なからずその影響が今回の投票行動にあらわれたのではないかと言われています。

先の大統領選挙で共和党の副大統領候補だった、前アラスカ州知事サラ・ペイリン氏は早くも次の大統領選挙を見越して活動を開始したような動きをみせています。

11月には回顧録も出版されますし、先月には海外発の公演を香港で行うなど本気モード突入といったところです。

先月末にはペイリン氏の夫であるトッド・ペイリン氏が勤務先の石油大手BPを退職、夫人の活動をサポートするためではないかという憶測がながれました。

サラ・ペイリン氏に対しては、大統領としての資質をいぶかるむきも多々ありますが、今後の彼女の活動に目が離せなくなったといったところでしょうか。

【参照記事】

CNN.co.jp

【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く



【PR】

QVCジャパン

プライム


TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。