カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
大阪府の橋下知事が部下からのメールに噛みついた。

橋下氏は圧倒的な支持率のもと、大阪府政の改革を断行している。

評価できる点は多いが、時としてその権力の使い方に危うさを感じる。

今回のメールでは、確かに部下の職員の文章には問題もあったようだ。

民間出身の副知事も、常識的に考えても注意を与えるべき書き方と知事に進言した。

だから、私も知事が部下のメールを不快に思い、注意を与えたというのなら、問題にはしない。

問題なのは、今回もまたメディアを使った点である。

日本のメディアは今最悪といっていいほど、権力に擦寄っていて、あわせて話題性のある
人物に対しては常識を逸するほど迎合している。

橋下氏はそんなマスコミの姿を熟知しており、メディアをうまく扱う術を身につけている。

そんな知事に操られて、メディアは見事に知事のみこしを担いだ。

権力者がメディアも使ってそのパワーを公然と見せ付けては、もはやパワーハラスメントの
何ものでもない。

メールを送って部下にはそんな特権はないのだ。

これでは今後知事が怖くて誰も何も言わなくなっていくだろう。

「民間ならありえない内容」と知事に進言した副知事も、知事に対しては「民間ならメディアを
使って部下を酷評しない」と付け加えておいてほしいものだ。

【参照記事】

asahi.com(朝日新聞):「物言いが非常識だ」橋下氏、職員の反論メールに激怒

イザ(産経新聞):橋下知事が職員メールに激怒 処分検討

【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く



【PR】

JAL日本航空 JMB WAON

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com
スポンサーサイト
Comment

その通りです。「部下」を責めるのにマスコミをつかう「社長」はいませんものね。
情けない知事です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。