カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
「ガッツポーズはするしねえ。ここで会ったが100年目だわね。朝青龍の話になると血圧が上がるわ。あんなものに優勝させるの間違い。まぐれで優勝したが、来場所はまぐれはない。横綱としてまったく認めてません。リナレスや西岡らからリングに対する心意気を学びなさい。まぐれが続くようプロレスでもボクシングでもご覧になればいい」

ボクシングの世界戦を観戦している朝青龍関を見つけた内館牧子氏のコメントである。

前回朝青龍が幕内優勝をした際に「ガッツポーズ」をしたことが気にくわない内館さん、いまだ怒りが収まらないのだ。

もちろん、この「ガッツポーズ」に対し、賛否両論あるわけだし、そのことを論じることにはまったく異論はない。

しかし、この方のコメント、まったく品位にも品格にも欠けた私恨に満ちたものに聞こえるのは私だけだろうか?

大横綱と言われた北の湖関とならぶ歴代3位、24回目の優勝を遂げた横綱に対して「おめでとう」の一言もかけられずに、「優勝はまぐれ」と言い放つ人物に横綱の「品格」を語る資格はあるのだろうか?

下衆の勘繰りが大好きな私なぞ、つい「内館さんは学生時代に朝青龍関似のマッチョな男に片思いをしていたが、ケチョンケチョンにふられたトラウマ」でもあるんじゃないかと思ってしまいます。

もし彼女がこのような横綱を愚弄するような発言を続けたいならば、彼女は横審を止めて、個人的に意見を発信し続けたらよいと、私は思うわけである。

【参照記事】

中日スポーツ(Web):内館委員 朝青龍を“KO”

イザ(産経新聞):朝青龍VS内館 ボクシング会場で舌戦

【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く



【PR】

整体 学校

ふるさと青汁

TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com



スポンサーサイト
Comment

的確なご指摘・ご意見に感服いたし候。
羽田のハブ化で見つけた貴殿のブログお気に入りに登録しました。利用する人の意見が本来一番重要。外野は何事にも利害関係で意見するわけですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。