カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
来年行われる参議院選挙の結果、民主党が単独過半数をとっても、現在の与党の枠組み、社民党と国民新党との連立政権は維持する、というニュースが大きく扱われている。

総選挙後、一部政治評論家などが、「連立はどうぜ来年まで」、「次の参議院選挙で単独で過半数がとれたら、社民党も国民新党も不要です」と解説していたが、ほんとうにそうなのかなと私は思う。

民主党が来年の参議院選挙で過半数をとり、衆議院、参議院で安定過半数を得たとしても、次回の衆議院選挙ではどうだろう?

今回の衆議院選挙では、民主党は明らかに議席を獲得しすぎた。平素なら自民党に投票する人も、「今回だけ」という限定のもとに民主党に投票した人が多くいた。

政権交代を期待していた人たちの中にも、「さすがに民主党は勝ちすぎた」と、今の時点でそう思っているひともかなりいる。

民主党にとって、次回の衆議院選挙で過半数を獲得することは、そう簡単なことではないのだ。

もし、単独過半数を割ったとしても、社民党、国民新党の議席を足せば政権を維持できるという状況だって十分に考えられる。

私なら当然そこまで考えて、とりあえずは社民党や国民新党を「こちら側に抱えておこう」と考える。

次回の衆議院選挙を考えれば、「こうるさい」社民党や国民新党も利用価値はあるというわけである。

【参照記事】

毎日jp(毎日新聞):小沢・民主幹事長:社・国との連立維持へ 参院単独過半数でも

YOMIURI ONLINE(読売新聞):参院選で民主過半数でも「連立維持」…小沢幹事長

イザ(産経新聞):参院で単独過半数でも連立維持 小沢氏

【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く



【PR情報】

健康診断

心臓ドック

TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。