カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
臨時国会が始まり、28日は衆議院において代表質問がはじまった。

トップバッターは野党自民党の党首、谷垣さん。

与党生活が長かったせいか、谷垣さんって野党の党首さが全然ない。

質問に鋭さが感じられません。まじめな人なんだろなということだけは十分に
伝わったけれど、今後野党自民党を引っ張っていけるのかなと心配になった。

一方の鳩山さんの答弁も、なんか空回り。

自分の主張より「こうなったのは皆自民が悪いのよ」という返答ばかりが目立った答弁だった。

「あんたに言われたくない」じゃ議論はまったくかみ合わない。

犬も喰わぬという「夫婦喧嘩」みたいでした。

せっかく政権が変わったんだから、もっとワクワク期待を持たせてもらいたいものだ。

とは言っても、ほとんど注目されていない国会じゃ、彼らにもっと「燃えろ」と言っても
無理なのかもしれない。

所信表明ではすっかり「のりピー」に喰われた鳩山さん。

今回こそ、自分たちが主役と思っていたら、なんと民放各局は
結婚詐欺女性と男性の不審死問題の放送に夢中で、
またまた国会は脇役となってしまった。

どうせ誰も見てないんだから、適当にあしらっておこうなんてことは
ないと思うけれど、鳩山さんの答弁を見ていたら、なんかそんな
ことすら感じてしまいました。

それにしても民放が喜ぶ事件のなんと多いことか。

国会頑張れ!!

【参照記事】

Yomiuri Online(読売新聞):首相「公約、必ず実現」…国会論戦スタート

中国新聞:代表質問 もっと建設的な論戦を(社説)

【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く



【PR情報】

鉄道グッズの通販サイト【グッズステーションtraindo】

イーモバイル(emobile)


TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com
スポンサーサイト
Comment

のりピーVS国会、結婚詐欺vs国会…
いずれも前者の勝ち、ですか。
ウーム、まあ今の日本、現代日本を象徴している、ですね。
夜のテレビ番組をみても、タレントさんのワハハ、ギャハハの世界ですし、視聴率からも好奇心=週刊誌的話題とか、タレントさんのネガティブな言動が受ける

どうなっているんだ!と叫びたい人もいるでしょう。

ホントどこに向かうの?この日本は???

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。