カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
こんにちは、池田剛です。

海苔の佃煮、梅干、納豆。

これは私の食卓の必需品。アメリカ生活26年間の間も、このうちの一品は必ず私の食卓にはあった。

必要不可欠なものなのである。

さて、本題のJAL。

私も最近までは「JALが無くなるのは寂しい。なんとか再生を」と思っていた。

現社員はOB達の前に全員で土下座をして「年金をカットしてJALを救ってください」と
頼んでみたらどうだと思ったりしていた。

でも、ここ数日、私は「JALは税金を投入し、無理をして残すくらいなら、無くなってもしかたないか」と
思うようになった。

なぜかと言えば、JALは私にとって必要不可欠なものではないからだ。

私がJALを残したいと思っていたのは、心の問題であった。

かつては「日本の翼」と言われた日本航空に対する、郷愁の念があったからだ。

しかし、この26年間。年間平均で6?7回は米日を往復していたが、その間に
私がJALに乗ったのはわずかに3回だけである。

ANAも2回だけ。

この間のフライトの多くはユナイテッドやノースウエストといったアメリカの航空会社である。

理由はアメリカの航空会社のほうが安かったことと、マイレージの特典効率が良いこと。

日本国内の移動に関しても、ANAがあれば私は困らないし、JALがなくなることでスカイマークなど
が路線を増やしていく可能性だって大きくなる。

そうすれば割安な路線が増えることになるかもしれない。これはチャンスと思っている企業だっているだろうし、そうでなければ日本の将来は明るくない。

私がアメリカにいる間にも、パンナムは無くなり、TWAはなくなり、イースタンはなくなり、と多くの
航空会社が姿を消していったが、必要に応じてそれを補うものができていた。

日本もJALを守ろうと無理をするより、新たに生まれる可能性に投資をしたほうがいいのかも
しれない。

そのほうが健全であるようにも思える。

おそらく多くの日本人が、JALがなくなったとき、寂しさを感じることだろうが、その気持ちがそんなに
長く続くことはないだろう。

そのほかにも複雑な理由は色々とあるのかもしれないが、私はひねくれているせいか「政治家」が
一生懸命に残そうとしていると、かえって懐疑的になる癖がある。

残すことのほうが無くなることより難しいのであれば、自然に成り行きに任せてよいと私はそう思うようになっている。


【参照記事】

Yomiuri Online(読売新聞):JAL撤退路線、他社に引き継ぎ期待…国交相

47News(共同通信):日航OBに年金減額理解求める 国交相、「会社存続厳しい」

毎日jp(毎日新聞):辻元副国交相:日航つなぎ融資 銀行団呼び要請

【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く。今週の最新放送をアップしました!



【PR情報】

アルク

総合雑誌定期購読サイト「マグデリ」



TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。