カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:-
行政刷新会議の「事業仕分け」で関空に支払われる予定だった160億円の補給金に対し「締結」という判断が下った。

2010年3月期の連結経常損益が26億円の赤字になりそうだと発表したばかりの関空にとっては踏んだり蹴ったりといったところだろう。

「締結」の理由は隣接する伊丹空港や神戸空港を含む役割分担がはっきりとしていないということだ。

大阪府の橋下知事は伊丹空港の閉鎖、関空のハブ化の強化をうたっているが、議論の広がりには至っていない。

ハブ化と言えば成田と羽田の問題もある。

前原国交相は成田と羽田の両立が前提としての羽田の国際化を説いているが、それが現実的なのか、具体的にはどうゆうことなのかという点では依然不透明なままだ。

成田と関空の陰にかくれた形になっているが、中部国際空港だって赤字なのだ。

日本には他にも不必要な空港を乱立させた結果による「赤字垂れ流し空港」がたくさんある。

来年開港の茨城空港では依然国内線の路線が1つも決まっていない。

JALの不採算路線カットの方針から松本空港や静岡空港などはますます窮地に追い込まれて
いくことが予想される。

そもそもJALだって本当に生き残れるのか?

政府の支援は新たな国民負担を増やすだけなのではないか?

空港問題にしても、JALの問題にしてもまだ何一つとして明確な方向性がだせていないのである。

日本の空をめぐってはまだまだ大きな乱気流がいくつも待ち構えているのである。


【参照記事】

YOMIURI ONLINE(読売新聞):3空港 役割分担を、国交省・地元に結論迫る…関空補給金「凍結」

Fuji Sankei BUsiness i:中部空港、2年連続の赤字

Chuniti Web(中日新聞):空港問題、具体的対応明示せず 前原国交相に存続要請

【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く

【伝説のパンダの旅がらす伝説】:旅ねた、食ねた中心のブログです(注:肉ねた多し)。

「伝説のパンダの旅がらす伝説」へ 






【PR情報】

ベルーナ グルメショッピング/My Wine Club

Caves.I 486*60



TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com

スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。