カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
まずは昨日の続報から。

昨日の鳩山邦夫氏へのお母さんからのお金の問題、どうやら東京新聞のスクープだったようで、午後になって読売、毎日、時事通信のHP上でも同様の記事が並んだ。

msn産経ニュースにこの件が載ったのは午後7時過ぎ。産経としては苦渋の選択?だったのか。扱いも由紀夫さんの時と比べれば控えめな感じがしたが、これは時の総理と過去の人(失礼)なので当然か。

asahi.comのサイトにこの記事が掲載されたのは、日が変わって3日の午前3時ごろだったよう。朝日としてはどうしても東京新聞の後追いを認めたくなかったのだろうか?

朝日だけを購読している人は今日の朝刊まで丸一日このニュースには触れなかった可能性もあるわけだ。

ということで、一応私の関心事、いつどこの社が報道するか?は解決ということになりました。

さて、皆さんはハトミミということばを知っていますか?

ここ数日の間、時々メディアに登場するようになった言葉で、行政機関や独立行政法人の職員から無駄遣いや違法事項の内部通報を受ける窓口「ハトミミ.com」からきている「ハトミミ」である。

ちょっとふざけたネーミングと批判する人もいるが、鳩山さんの耳が強調されたイラストもなんとなくかわいく、まだ鳩山さんなら許される(反対に言えば麻生さんならたいへんだった)という風潮があるようだ。

時にこの「ハトミミ」、行政機関や独立行政法人の職員からの通報用ということであるが、どうせだったらもっとでっかい「ハトミミ」にして、「国民の意見」にも耳を傾けてほしい。

私の周辺で郵政人事を「天下り」だと思っていない人はいないし、鳩山さんはお金の問題を一日もはやくきちんと説明してほしいという意見も大半だ。「党首討論」だってやるべきだと思っている人は多く、なぜこれらの意見に鳩山さんはきちんと答えてくれないのだろう?鳩山さんの「耳(それこそハトミミ)」には届いているのだろうかと訝る意見も多数を占める。

国民の声を素直に聞いてますよという「素直なハトミミ.com」も創ってはどうだろうか?

本当につくってくれるなら1年間のドメイン費用くらいは私がもちます。


【参照記事】


毎日jp:行政刷新会議:無駄や違反、教えてください 内部通報窓口、その名もハトミミ.com

msn産経ニュース:「ハトミミ」情報で刑事告発も 行政刷新会議 

asahi.com:耳大きくして行政のムダ聴きます ハトミミ・ドットコム

【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く

【伝説のパンダの旅がらす伝説】:旅ねた、食ねた中心のブログです(注:肉ねた多し)。

「伝説のパンダの旅がらす伝説」へ 



ご協力ありがとうございます。

TJS Radio
池田 剛
twitter:densetsunopanda
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com


【PR情報】

e87.com(千趣会イイハナ)お歳暮・ウィンターギフト
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。