カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
日本人がらはなかなか救済の手が差し伸べられないJALや姫も、下心みえみえの二人のアメリカ人からは相変わらず猛烈なアタックが続いています。

「アメリカ人」にとられちゃうくらいなら僕がと無茶を招致でJALや姫に求婚する日本人はあらわれるのか?それとも日本人ともアメリカ人とも結ばれること無く、JALや姫はひとり寂しく竹やぶの奥へ消えていくのか?

氷雨の木曜日の夕刻、JALをめぐるアメリカの航空会社の攻防の記事を読んでいたら、悪い癖の妄想が止まりません。

私は以前もこのブログで書きましたように、JALがなくなることに寂しさを感じます。JALではほとんど飛ぶことはないのに、不思議な感覚だと思うのですが、「日本の翼=日本航空」みたいな気持ちがどこかにあるのです。

しかし、だからといって国民の税金を大量に投入してまでJALを残すことはないと思っています。JALが無くなった後、それを新たなビジネスチャンスと思う企業がでてきてほしいという期待感みたいなものもあります。

ですから個人的にはJALには、心の中で「さよなら」を告げています。

とは言え、ひとたび動き出した妄想はそう簡単には止まりません。

アメリカンもデルタもそんなにJALとの提携を希望しているなら、JALを二つに割って両方からお金を受け取ったらどうだろうと、考えが飛躍します。

どうせ相手もオープンスカイをにらみ、JALを利用したいだけ。ならばどちらとも手を組み、いただけるものはいただくということは、だめでしょうか?

知人の大学講師(但し、教えているのは英語です)に早速電話して、この妄想話を聞いてもらうと「また始まったの?今忙しいから」と相手にしてくれません。

ということで、このブログを読んでくださっている方、運命とあきらめてもう少しお付き合いください。

JALを二つに分けるという案です。

JAL?AとJAL?Dの二つの会社にします。

お気づきとは思いますが、JAL?Aはアメリカンと、JAL?Dはデルタと提携します。

JAL?Aは主に旧ノースウエスト(現デルタ)の就航している成田ーアジア路線から、JAL?Dはそれ以外のアジア路線から就航します。

JAL?Dはデルタのアジア路線とはコードシェアー(デルタの機材)で対応します。

それ以外の路線に関しては各々の自由競争で。

JAL?A、JAL?Dの両方が生き残るか、どちらか一方だけが生き残るか、それともどちらも結局はなくなるか、それはその先の問題、もう完全に自由な競争の中でやってもらいます。

もしかしたら、将来アメリカンとデルタが合併なんて話になって、またJALがひとつになりましたということになるかもしれません。

私がアメリカにいた26年間で本当に多くの航空会社の離合集散があったので、アメリカンとデルタの合併の可能性はあるんじゃないかと思います。

とこんなことを書きながら一人妄想を増幅させていたら、さっきの知人(大学講師)から電話をもらいました。

それでこの話を自慢げに話し始めたら「悪いけれど時間がないから用件だけで」と別の話になってしまいました。

やっぱり非現実的な妄想にはつきあってもらえないみたいです。

ということで、ここまでつきあってくれたかた、本当にありがとうございました!!


【参照記事】


NIKKEI NET:日航支援、デルタとアメリカンが上積み示唆 幹部が会見

47 NEWS:日航支援額で相次ぎ会見 米デルタ、アメリカン


【Radio Life】

ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。 Radio Lifeを聞く

【伝説のパンダの旅がらす伝説】:旅ねた、食ねた中心のブログです(注:肉ねた多し)。

「伝説のパンダの旅がらす伝説」へ 



ご協力ありがとうございます。

TJS Radio
池田 剛
twitter:densetsunopanda
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com


【PR情報】

博多久松のおせち
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。