カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
各政党とも今日が仕事始めということで、各党党首のコメントがテレビで放送されるなど、いよいよ2010年の政治も本格的に始動した感じがする。

しかし、年末から年始にかけて会った色々な人に話を聞いてみると、今の政治に対する期待感の薄さというものを痛感してします。

ちなみに、私の会った色々な人は決して著名人でもなければ、その言動などが取り上げられるようなことはまずない一般の人たちであるが、彼らに共通していることは、一様に政治には関心があり、新聞の政治記事などはそれなりに目を通し、娯楽番組に近いとはいえ、政治家のでる番組は時間がある限り見て、選挙前にはマニフェストにも目を通すような人たちである。それと強烈に支持している政党がないが、政権交代は必要と考えている人たちが大多数である。

そんな彼らが民主党への失望感をあらわにしたのは当然のことながら、ほぼ同じ程度の割合で野党となった自民党に対する失望感を口にしていた。

確かに先の総選挙で歴史的な大敗を喫した憔悴感はまだ癒えていないのかもしれないが、今年の夏には民主党が単独過半数を目指す参議院選挙が控えている。

いつまでも敗戦の傷を引きずっている時間などないはずだが、自民党から再建の意欲も戦略も感じられない。

それどころか、今でもポロポロと離党者がでている始末だ。

こんな状況をメディアが報道するわけだから、メディアを情報源としている私の周囲の人間たちにとっては「自民党は終わった」と映ってしまうようだ。

なんと言っても自民党は先の選挙で中堅、若手が壊滅的な状況になり、復活当選で繰り上がってきたのは、もはや過去の人になってもいいような人たちだったのが、致命的。

いくら小泉ジュニアが頑張ったところで、彼個人のファンが増えるような状況であり、決して自民党にとって
プラスの要因とまでは至っていない。

振り返って考えてみれば、民主党が野党だったとき、野党としてはいい人材がかなりいた。

当時の与党自民党に対して議論を挑む姿に新鮮さと期待感をもてたものだ。

結局大臣になった彼らは力不足な面を多々あらわしているけれど、少なくとも野党時代はそれなりの
役割を十分に果たしていたと言える。

今の自民党にそんな人材がどれほどいるだろうか?

評論家議員舛添氏から「自分だ総理になったら大臣の大半は民主党から起用する」と言われても「そりゃそうだな」と
思われるような議員たち、これではあまりにも心もとない。

しかし、自民党にはもう少ししっかりしてもらわなくては困るのだ。

私は今しばらくは民主党政権が続き、それなりに古い政治との脱却が根付いてもらいたいと思ってはいるが、政権交代可能な国家は必要であると思っている。

また民主党が今のような状況でも参議院選では過半数可能と思われるような政治的な状況はつくりたくない。

やはり民主党にはもっと緊張感をもって政権運営にあたらないと、また自民党にとってかわられるぞというような
そんな政治を望んでいるのだ。

そのためには自民党には野党自民党としての役目をきちんと担ってもらいたいと切望するのである。

まずは過去のしがらみ、慣習にとらわれない候補者選びを実行してほしい。間違っても「自分にはまだ役目が
残っている」と公言するようなトンチンカンな亡霊候補を復活させてはならないのだ。

そしてもっと理論武装をきちんとして、鳩山内閣を追及するとともに、追求のみならず、自分たちの国家ビジョン
を鮮明かつ明確に論じてもらいたいものだ。

もし健全野党としての姿を国民に示せないのであれば、自民党はその存在意義を失い、過去のものとなるであろう。


【参照記事】

asahi.com:国会18日召集へ 延長なければ参院選7月11日投開票

msn産経ニュース:「総辞職、解散に追い込む」 谷垣氏が伊勢神宮参拝

TOKYO Web:自民は浮揚へ正念場 予算 普天間 政治とカネ 政権追及 国会に照準



【Radio Life】

【サイト一新】ジャーナリスト前屋毅さんとお送りしています。オンタイムを聞く 最新の内容をアップしました

【伝説のパンダの旅がらす伝説】:旅ねた、食ねた中心のブログです(注:肉ねた多し)。
「伝説のパンダの旅がらす伝説」へ 



ご支援ありがとうございます。ワンクリックお願いいたします。

TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://www.usgo55.com


【PR情報】

診療予約システム i-call(アイコール)

健康食品のすべて
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。