カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
参照記事

東国原氏の次は橋下氏、

当然そうだと思ってました。

政党は各政党ごとに、独自の投票動向調査をしていますが、自民党は独自調査の結果が相当悪く、かなり浮き足立っていると聞きます。

この際票が集まるなら誰でも良いのでしょう。

古賀さんは選挙の責任者ですから、ある意味、彼は職に忠実に任務をこなそうとしていると言えます。

もしかしたら今後も古賀さんは北海道の生キャラメルの社長や佐賀のおばあちゃんを利用した人など、ほかの有名人どころを次々に擁立しようとするかもしれません。

例えそうでなくとも、タレント擁立は考えるでしょう。

でも、果たして目論見どおりになるでしょうか?

もし古賀さんが「国民はバカだから、有名人を並べればこの危機はなんとか回避できるかもしれない」と思っているとしたら、

それは私たちが本当にバカかどうか試されているのです。

そして過去の投票結果から見る限り、けっこうバカだと思われてもしょうがないところもありました。

ですが、今回は本当にバカかどうかが決まるのです。

私たちは本当に大事な選挙をむかえようとしているのです。

そしてもうひとつ大事なこと。

東国原氏や橋下氏など地方分権派の知事が古賀氏の誘いにのって、任期半ばで国政に鞍替えしたら、日本では地方分権など程遠い夢だということです。


この記事をクリップ!


【PR】

セブン-イレブンネット くらし・食品
DHCオンラインショップ
メディアで紹介された話題の商品一覧

TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://53panda.web.fc2.com/
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。