カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

池田剛

Author:池田剛
東京生まれ、東京育ちでした。
1982年6月21日、半年間の語学留学のつもりで渡米・・・結局2008年8月まで26年間アメリカで生活をしていました。
日本にいた時は旅行会社で添乗員をやっていましたが、アメリカでは日系テレビ局でニュース番組や報道番組などを制作したのち、留学生をサポートする仕事をしていました。
今はロサンゼルスの日本語ラジオ局で
Radio Lifeという情報番組を担当しながら留学や英語関係のアドバイザーを務めています。

【PR情報】

最新記事

リンク

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
婚活・恋活・真剣な恋人探し・まじめな出会いをサポートする【 パートナーズ 】
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
参照記事
参考記事2
参考記事3

都議選の立候補者が出揃った。

定数127人に対して221人。

私の第一印象は「立候補者が少なすぎる」である。

マスコミではしきりと「自民か民主かの選択」の図式にし、衆議院選挙と連動させようとしているが、それで良いのだろうか?

私は基本的には二大政党制に賛成であるが、日本を見ていると国民が二大政党制を受け入れているようには思えないところが多々ある。

また都政に二大政党制を持ち込んでいいのかどうかという議論もあまりされていないように思う。

そう考えると、定員1か2の選挙区を中心に都民の選択肢がかなり限定されているようにうつる。

共産党は候補40名となんとか面目を施して入るものの、社民党にいたってはたった候補がたった二人という体たらくだ。

都市型政党として都民が大政党に都政を託すかどうかの判断材料として期待される市民ネットでさえ候補は5名(プラス1名推薦)。

自民や民主以外からの選択肢があまりにも少ないのだ。

都議会議員選挙は中選挙区制であり、複数当選の選挙区が多くある。

選挙の結果いかんでは自民も民主も勝敗つかずという可能性もあるし、自分の選挙区には支持政党の候補がいないとか、最悪投票したい人がいないので棄権といった状況だって考えられる。

もう少し選択肢があればというのが個人的な意見であるが、私の一票は必ず行使します。

都民の皆さん、都議選は12日です。必ず投票を。

【PR】

100%『生』のローヤルゼリーをお試しください

美容室が教える7日間の美髪テクニック!

思ったことを瞬間的に英語で言えるようになるプログラム(特許申請中)


TJS Radio
池田 剛
http://www.tjsla.com/
http://53panda.web.fc2.com/
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 「伝説のパンダ」の本当はコアラでした all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。